スマホ設定

携帯会社を変更してもキャリアメールの持ち運びが可能に。





(スポンサーリンク)

携帯会社の大手3キャリアでのキャリアメールの持ち運びが可能となりました。

キャリアメールとは@docomo.ne.jp、@ezweb.ne.jp、@au.com、@softbank.ne.jpのことです。

以前は他社にMNPしたり解約したりするとキャリアメールも同時に使えなくなりましたが、今後は携帯会社を変更してもキャリアメールをそのまま使えるようになります。

各キャリアごとに見ていきましょう。

docomo

docomoでは2021年12月16日から開始しています。

メールアドレスの持ち運びには月額330円かかります。

ドコモメール持ち運びのサービスを申し込むことによってahamoや他社に乗り換えてもキャリアメールをそのまま引き継ぐことが可能になります。

ドコモを解約または他社に乗り換えの場合

申込はドコモショップかMy docomoからとなります。

ドコモショップで申し込む場合は解約と同時に申し込む必要があります。

My docomoから申し込む場合はdocomo解約後から31日以内に申込をする必要があります。

また、回線契約にもとづき発行したdアカウントを持っていることが条件となります。

ドコモからahamoに変更の場合

ドコモからahamoに変更する場合はWEBからしか申し込みはできません。

そして、ahamoに申込と同時にドコモ持ち運びに申込をする必要があります。

こちらも、回線契約にもとづき発行したdアカウントを持っていることが条件となります。

提供条件 内容
MNP・解約 MNPまたは回線解約後31日以内であること
回線契約にもとづき発行したdアカウントを持っていること
回線契約名義が個人であること
ahamoへプラン変更 ahamoへのプラン変更と同時のお申込みであること
現在ドコモ回線を契約中であること(ahamoへプラン変更前であること)
回線契約にもとづき発行したdアカウントを持っていること
回線契約名義が個人であること

au

auでは2021年12月20日から開始しています。

メールアドレスの持ち運びには月額330円かかります。

auメール持ち運びのサービスを申し込むことによってpovo、UQモバイルや他社に乗り換えてもキャリアメールをそのまま引き継ぐことが可能になります。

auメール持ち運びの申込はWEBのみとなります。

auショップでは申し込みはできません。

申込はau回線契約にもとづいて発行された「au ID」が必要でMy auからやります。

こちらもドコモ同様に解約後31日以内に申込をします。

ソフトバンク

ソフトバンクでは2021年12月20日から開始しています。

ソフトバンクでは現在月額ではなく年額3,300円かかります。

2022年夏に月額330円で利用できるサービスを開始予定です。

年額の方が少し安くなりますね。

ソフトバンクでもショップでの申し込みは受け付けておらず、WEBのみとなっています。

ソフトバンク解約後の31日以内にMy Softbankから申し込みをします。

楽天モバイル

楽天モバイルではキャリアメールのサービスを行っています。

提供予定ではありますが、提供時期がどんどん先延ばしになっています。





(スポンサーリンク)

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA