楽天モバイル

2021年版 楽天モバイルun-limitの東京でのレビュー メリット・デメリットは?





(スポンサーリンク)
こんにちは、かいとです。

今回は楽天モバイルのレビューを書いていきます。

楽天モバイルを使って3か月たちました。

色々と感じたことを書いていきます。

楽天モバイルの記事はこちら

楽天モバイルを契約する前にエントリーするとポイントがたくさんもらえます

楽天モバイルに申し込む 現在3か月無料キャンペーン中

 楽天モバイルの世間のイメージ

楽天モバイルの世間のイメージは繋がらないではないでしょうか?

楽天モバイルでは、回線エリアが大手キャリアと比べてまだ整備しきれていません。

楽天回線エリア内ではauのパートナー回線に切り替わります。

パートナー回線が使えるエリアは5GBまでとなっています。

しかし、パートナー回線はauなので楽天モバイルを契約している際に圏外になることはほぼありません。

しかし、問題はパートナー回線が終了した地点です。

つまり、楽天回線が整備されていない場所で圏外になった場合パートナー回線に切り替わらないので圏外になります。

今後、パートナー回線は徐々に終了していきます。

また、楽天回線は屋内で非常に弱いです。

大きな建物の中に入った場合圏外になる可能性があります。

楽天モバイルは繋がらないのか?

では、楽天モバイルは本当に繋がらないのでしょうか?

現時点で私が住んでいる東京では繋がらないことはほぼありません。

契約したときは圏外になることは多かったです。

実際に家の中や屋内で圏外でした。

スーパーで楽天ペイで払いたかったのに圏外で払えず、現金で払っていたこともありました。

しかし今現在(2021年6月)では、圏外になることはほぼありません。

屋内でも今までは圏外だった場所でも今では繋がります。

しかし、これは場所によるとしか言えません。

現状東京ではかなり楽天回線が整備されていますのでほぼ圏外になることはありません。

また、使えるGB数は5GBまでとなりますが、auのパートナー回線では圏外にはなりません。

ただし、パートナー回線が終了した際に圏外になる可能性はあります。

その場合困ることになるかもしれません。



(スポンサーリンク)

楽天モバイルの通信速度は?

楽天モバイルの時間帯別通信読度

朝8時台

朝9時台

お昼12時台

夕方15時台

夕方17時台

夕方19時台

夜21時台

夜0時台

 

速度は誤差や場所にもよりますが低くても20Mbps以上は出ているので問題なく使えます。

楽天モバイルのメリット

楽天モバイルのメリットは何といっても料金が安いことです。

3か月無料キャンペーン

通話料無料

通信量1GB以内なら0円、3GB以内は1,078円、20GB以内は2,178円、無制限は3,278円

テザリング無料

初期費用、解約手数料などの手数料がすべて無料

新規契約は5000ポイント、他社からの乗り換えで20,000ポイント

とにかく楽天モバイルはお得なんです。

楽天モバイルのデメリット

楽天モバイルのデメリットはやはり回線エリアです。

楽天回線エリアが狭い

パートナー回線が終了した場所では圏外になる場所もある

屋内では圏外になる場所もある

通話品質が悪い

楽天モバイルではこういったデメリットもあります。

楽天モバイル1社しか契約していない場合、もし圏外が多発することになったらかなり困ります。

メインのスマホを楽天モバイルにするにはリスクがあります。

圏外になるかどうかは場所によるので契約する前に確かめる手段はありません。

家の中が圏外という場合もありあます。

サブなどで使う場合は非常にお得です。


(楽天モバイルを申し込む)

まとめ

楽天モバイルのレビューをしていきました。

私は契約した3か月前は家の中が圏外で、スーパーなどの屋内でも圏外になりかなり困っていました。

しかし、いまは圏外になることはなくかなり改善されています。

しかし、それは場所によるとしか言えません。

料金がいくら安くても圏外が多発になれば最悪です。

そして、それは契約しなければ分かりません。

メイン回線を楽天モバイルにするにはリスクがあります。

サブ回線など2回線目の使い方をおすすめします。

まあ、東京であればほとんど問題ないと思いますが。




(スポンサーリン)

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA