楽天経済圏

楽天ポイントの種類とおすすめの使い方を解説





(スポンサーリンク)

こんにちは、かいとです。

今回は楽天ポイントの使い方です。

楽天ポイントは貯めやすく、使いやすいというキャッチフレーズです。

ポイントは貯めるだけでなく、使ってはじめて意味があります。

せっかく貯めても使わなければ意味がありません。

今回は楽天ポイントのおすすめの使い方を解説していきます。

楽天ポイントは3種類あります。

  • 楽天ポイント
  • 期間限定ポイント
  • 楽天キャッシュ

それぞれ特徴があります。

こちらのポイントはすべて1ポイント1円として使うことができます。

楽天ポイント

こちらは通常の楽天ポイントです。

楽天ポイントの使用期間は1年間ですが、楽天ポイントを獲得するたびに期間が延長されますので実質的に無期限といえます。

楽天ポイントの入手方法

楽天市場、楽天kobo、楽天ブックスでの買い物(通常ポイントがもらえるのは楽天会員分の1%のみ)

楽天カードでの決済

楽天ペイでの決済

楽天Edyでの決済

対象店舗で買い物をして楽天ポイントを得る

楽天superpointscreen

楽天エナジー、楽天モバイル、楽天ひかり、楽天トラベル、楽天生命などのあらゆる楽天サービス

全部知りたい方はこちら

楽天ポイントのおすすめの使い方

通常の楽天ポイントは楽天ユーザーにとってほぼ現金と同じです。

楽天ポイントのおすすめの使い方は通常の楽天ポイントでしか使えない使い方をすることです。

期間限定ポイントでも使える使い方はおすすめしません。

おすすめの使い方は

  • 楽天カードの支払いに充当
  • 楽天証券で投資信託を買う
  • suicaにチャージ
  • 楽天ウォレットで仮想通貨を買う
  • ANAマイルに交換
  • 楽天ポイント運用
  • 楽天ビットコイン運用
  • 楽天銀行のデビットカード支払いに充当

これらの使い方がおすすめです。

ここに挙げたものは期間限定ポイントや楽天キャッシュで使うことはできません。

楽天ポイントのみ使えます。

ほとのど現金のような使い方ができます。

期間限定ポイント

期間限定ポイントはその名の通り期間限定のポイントです。

期間はポイントによって異なってきます。

最短はマラソンなどのイベント最中の数日間しか使えないポイントや数か月の期間使えるポイントもあります。

使い道は通常ポイントよりも限定されています。

期間限定ポイントの入手方法

楽天市場での買い物(SPU分、マラソンやスーパーセールなどの買い回りポイント、5と0のつく日などのイベント日のポイント)

キャンペーンなどでもらえるポイント

その他、楽天ポイントでもらえる入手方法以外は期間限定ポイントです。

期間限定ポイントのおすすめの使い方
  • 楽天ペイで街中での支払い(楽天ペイを使用する際はポイント払いにチェックを忘れずに)
  • 楽天ポイントで街中での支払い
  • 楽天モバイルや楽天エナジー、楽天ガス、楽天の保険など楽天サービスでの支払いに充当(全ての楽天サービスで使えるわけではありません)
  • 楽天市場での買い物(おすすめはワンダフルデーの1日、いちばの日の18日、楽天イーグルス、ヴィッセル神戸、バルセロナが勝った翌日)

楽天ペイについて

楽天ペイでの支払いや楽天サービスでの支払いはあらかじめ設定が必要ですので忘れずにしてください。

これらを使っていけば、期限切れになって失効することはなくなると思います。

楽天キャッシュ

楽天キャッシュは楽天の電子マネーです。

楽天ペイでの街中での買い物や楽天サービスの料金支払いなどに使えます。

楽天キャッシュの入手方法

楽天アフィリエイトの報酬

楽天ラクマの売上

楽天ペイを使ってチャージ

楽天キャッシュのおすすめの使い方

楽天キャッシュの使い道は期間限定ポイントと同じです。

期間は無期限ですが、使用方法は限られていて期間限定ポイントと同じです。

そのため楽天キャッシュのおすすめの使い方は期間限定ポイントと同じです。

ただし、楽天キャッシュは楽天ポイント、期間限定ポイントとは違って現金化ができます。

楽天キャッシュを現金化するためには【プレミアム型】に申込をする必要があります。

申込する際は本人確認のためマイナバーカードか免許証などが必要です。

楽天キャッシュの現金化について





(スポンサーリンク)

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA