楽天経済圏

楽天プレミアムカードはお得なのか?特徴と損益分岐点を解説

(楽天カードより)





(スポンサーリンク)

こんにちは、かいとです。

今回は楽天プレミアムカードの解説をしていきます。

楽天プレミアムカードは楽天カード、楽天ゴールドカードの上位カードです。

楽天ゴールドカードがSPU対象から外れたので楽天プレミアムカードの検討をしている方もいると思います。

楽天プレミアムカードの特徴と楽天市場での買い物の損益分岐点の解説をしていきます。

通常の楽天カードについてはこちら

楽天カードのメリットまとめ。楽天ポイントが大量に貰える|かいとの通信節約情報部屋 (kaito-moneybolg.com)

楽天プレアムカードの特徴

こちらが楽天プレミアムカードの特徴です。

  1. 年会費11,000円(家族会員550円)
  2. 新規入会と1回の利用で5,000ポイント
  3. SPU倍率+4倍
  4. 3種類から選べるサービス特典
  5. 国内・海外の1,300以上の空港ラウンジが無料
  6. トラベルデスク
  7. お誕生日月のポイントが+1倍
  8. 楽天ETCカードの年会費が無料
  9. 各種保険が充実

①年会費11,000円
年会費は11,000円と高いですがその分のメリットがたくさんあります。

②新規入会と1回の利用で5,000ポイント
新規入会で2,000ポイント、楽天プレミアムカード1回の利用で3,000ポイント合計5000ポイントがもらえます。

③SPU倍率+4倍
(楽天カード+2倍と楽天プレミアムカード+2倍の合わせて+4倍)

SPU倍率についてはこちら

ポイントが貯まる!【楽天経済圏】に移行して月1万ポイントゲット!|かいとの通信節約情報部屋 (kaito-moneybolg.com)

④3種類から選べるサービス特典

1,楽天市場コース
毎週火曜・木曜はプレミアムカードデーで楽天市場での買い物はポイント+1倍

2,トラベルコース
楽天トラベルでのオンライン決済がポイント+1倍
(楽天トラベル+1倍、楽天プレミアムカード+1倍、トラベルコース+1倍で合計3倍)
手荷物宅配サービス

3,エンタメコース
rakuten TVで楽天プレミアムカードでの決済でポイント+1倍
楽天ブックスで楽天プレミアムカードでの決済でポイント+1倍

おすすめは1の楽天市場コースです。

旅行代金は高額なので頻繁に旅行に行く方はのトラベルコースでもいいかもしれません。

のエンタメコースはそこまでポイントはもらえないのでおすすめはしません。

ちなみに選べるコースは6か月に1回変更することができます。

旅行に行く月にトラベルコースに変更するのもアリです。

⑤国内・海外の1,300以上の空港ラウンジが無料
空港ラウンジが使えるプライオリティ・パス会員カードを無料で発行

⑥トラベルデスク
ニューヨーク・ホノルル・パリ・ミラノ・上海など世界38拠点の現地デスクが
旅をサポート。
緊急時のトラブル対応、現地情報の紹介、レストランなどの予約など

⑦お誕生日月のポイントが+1倍
お誕生日月での楽天市場での買い物がポイント+1倍

⑧楽天ETCカードの年会費が無料
通常550円かかる年会費が無料
ETC通行利用料もポイント対象

⑨各種保険が充実
・海外旅行保険 最高5,000万円

傷害死亡・後遺障害や病気・けが、携行品の破損、不慮の事故など

・国内旅行保険 最高5,000万円

国内旅行中の事故や、ホテル・旅館内での火災事故等に対して傷害死亡・後遺障害など

・動産総合保険 最高300万円

楽天プレミアムカードでご購入の商品(1個1万円以上)が購入日より90日以内に偶然な事故(破損、盗難、火災等)により損害を被った場合

楽天プレミアムカード4倍+お誕生日月サービス1倍+楽天市場コース(火)(木)1倍で楽天市場での買い物が+6倍

楽天プレミアムカードの損益分岐点

では、楽天プレミアムカードの損益分岐点はいくらになるのでしょうか?

今回はあくまでも楽天市場でのポイント還元が年会費の11,000円以上になる金額を損益分岐点とします。

ポイント還元は楽天市場でのSPU倍率が楽天プレミアムカード利用で+2倍になる部分が計算対象です。

損益分岐点は楽天市場でいつ買い物をするか選べるサービスは何にするかで前後していきますので明確な金額を出すことはできませんのでおおよその金額になります。

すべての特典を考慮しない場合の損益分岐点は年間55万円です。

楽天市場で年間55万円の買い物をした場合、年会費11,000円をペイできます。

もちろんこの金額は下げることができます。

選べるサービスで楽天市場コースを選び(火)、(木)に買い物をした場合やトラベルコースを選び旅行などをした場合、誕生日月に買い物をした場合に損益分岐点が下がります。

だいたい、月に4,5万円の買い物をする方はペイできると思います。

楽天プレミアムカードがおすすめな人

では、楽天プレミアムカードがおすすめの人はどんな人でしょうか?

もちろんたくさんの買い物を楽天市場でする人ですが、毎月4,5万円も楽天市場で買い物をする人はあまりいないですよね。

もちろん、毎月4,5万円楽天市場で買い物をする人は楽天プレミアムカードはおすすめです。

①高年収の人

楽天市場ではふるさと納税をすることができます。

楽天市場でふるさと納税をするとポイントをもらうことができます。

ふるさと納税についてはこちら

ふるさと納税だけで55万円使うには年収2,200万円が必要になります。

この金額はキャンぺーンなどを何も考慮していない数字です。

もちろん全額をふるさと納税だけでペイする必要はありません。

参考に年収500万円くらいの人のふるさと納税の上限は6万円ほどです。

ふるさと納税趣味レーションで上限金額が分かります。
控除上限額シミュレーション | ふるさと納税 [ふるさとチョイス] (furusato-tax.jp)

②せどりをする人

せどりをする場合は大量に買い物をするので、楽天市場で買い物をする方は年会費分をペイできると思います。

③旅行によく行く人

旅行によく行く人もおすすめできます。

まず、選べるサービスをトラベルコースにします。

トラベルコースでの楽天トラベルオンライン決済はポイント+1倍なので、年間110万円旅行に行くとペイできます。

もちろん、旅行だけでペイする必要はありません。

さすがに毎年110万円も旅行に使う人はそうそういないですからね。

また、空港ラウンジが使えるプライオリティパスが無料になりますので、飛行機での出張が多い方にもおすすめです。

空港ラウンジは場所にもよりますが、1,000円~1,500円くらいが相場です。

また、旅行保険も充実していますので安心です。

最後に

楽天プレミアムカードの解説をしてきました。

楽天プレミアムカードは年会費が11000円となっています。

これを楽天市場だけでのポイント還元でペイするにはかなりの金額の買い物をしなければいけません。

ほとんどの方は通常の楽天カードがいいと思います。

おすすめは旅行によく行く方です。

選べるサービスをトラベルコースにすればポイント+1倍。

空港ラウンジが使えるプライオリティパスが無料。

旅行保険が充実。

手荷物宅配サービス付き。

トラベルデスクで快適な旅行。

楽天プレミアムカードは旅行に特化したカードといってもいいかもしれません。

旅行によく行く方は検討してい見てください。





(スポンサーリンク)

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA