楽天経済圏

仮想通貨取引の楽天ウォレットがSPU対象に!これによりSPUは最大15.5倍に

(楽天ウォレットHPより)





(スポンサーリンク)

こんにちは、かいとです。

楽天サービスの1つ楽天ウォレットがSPUの対象になることが発表されました。

開始は8月1日から

月間3万円以上の暗号資産を購入した場合、その月のSPUが+0.5倍になります。

ポイントでの購入も対象になります。

これによりSPUの最大は15.5倍になります。

SPUについてはの記事はこちら

ポイントが貯まる!【楽天経済圏】に移行して月1万ポイントゲット!|かいとの通信節約情報部屋 (kaito-moneybolg.com)

エントリーして楽天ウォレット口座開設で500ポイント

楽天ウォレットでビットコイン取引をはじめよう!新規現物口座&お取引で500ポイントプレゼント (rakuten-wallet.co.jp)

楽天ウォレットとは?

楽天ウォレットとは楽天が運営する仮想通貨取引所です。

楽天ウォレットでは仮想通貨を売買することができます。

取引通貨は5種類

ビットコイン

イーサリアム

ビットコインキャッシュ

ライトコイン

リップル

現物取引と証拠金取引ができます。

証拠金取引はFXと同じ仕組みです。

口座に一定金額のお金を入金して、そのお金を担保に売買するやり方です。

SPUの対象は現物のみとなっています。

楽天ウォレットのメリット・デメリット

楽天ウォレットのメリット

①楽天ポイントが使える

②仮想通貨を楽天キャッシュにチャージできる

③即日口座開設ができる

④楽天銀行ならリアルタイムで入出金が可能

⑤最新のセキュリティを取り入れている

①楽天ポイントが使える

楽天ウォレットでは楽天ポイントで仮想通貨が買えます。

買えるポイントは通常ポイントのみで期間限定ポイントや楽天キャッシュで買うことはできません。

楽天ポイントで買える仮想通貨は現物のみです。

②仮想通貨を楽天キャッシュにチャージできる

(楽天ウォレットHPより)

楽天ウォレット内にある現物の仮想通貨で楽天キャッシュにチャージして楽天市場での買い物や楽天ペイとして使うことができます。

③即日口座開設ができる

楽天銀行に口座を開設してある方なら、本人確認が不要。

即日口座開設ができます。

楽天銀行に口座がない方もネットでの本人確認をすることによって最短即日に口座開設ができます。

④楽天銀行ならリアルタイムで入出金が可能

入出金口座を楽天銀行に登録しておけば土日でもリアルタイムに入出金が可能です。

楽天銀行以外でも登録はできます。

ちなみに仮想通貨市場は24時間365日開いています。

⑤最新のセキュリティを取り入れている

仮想通貨はセキュリティが不安という方はいると思います。

過去には取引所がハッキングにあったこともありますので。

しかし、楽天ウォレットでは最新のセキュリティを取り入れていますので安心です。

楽天ウォレットではユーザーの資金と楽天ウォレットの自己資産は分けて管理されています。

 

楽天ウォレットは楽天グループならではのサービスが多いですね。

楽天ウォレットのデメリット

①手数料が高い、スプレッドが高い

②取引通貨が少ない

①手数料が高い、スプレッドが高い

楽天ウォレットはかなり手数料が高額です。

仮想通貨を売買する手段は3つあります。

販売所、取引所、FXです。

販売所とは楽天から仮想通貨を買うことです。

取引所とは仮想通貨を持っている人同士で売買し、その場所を提供しているようなものです。

FXとは、証拠金を預けてそれを担保にして売買することです。

楽天ウォレットが運営しているのは販売所とFXです。

そして、SPUの対象になるのは現物が条件ですので販売所で買ったのみとなります。

特販売所ではビットコインは5%くらいはスプレッドがあります。

スプレッドとは買値と売値の差で手数料のことです。

簡単に言うと350万のビットコインを360万円で買えということです。

つまり、勝った瞬間手数料が引かれて大幅にマイナスになります。

買ってすぐ売ればSPUの対象になると思ったからは残念ながらそのやり方では無理です。

②取引通貨が少ない

これはまあ人によりますが本格的に仮想通貨を取引したい方は物足りないかもしれません。

基本的に初心者はビットコインだけでいいと思います。





(スポンサーリンク)

仮想通貨の注意点

①仮想通貨は値動きがとても激しい

仮想通貨は株価指数や為替ではありえないくらい動きます。

以前ビットコインは1BTC700万の値段でしたが、そこから50%以上値を下げて320万以下まで落ちました。

ここまでの暴落はそうそうは来ませんが、1日10%ほどの乱高下は頻繁にきます。

ビットコイン以外の仮想通貨なら10~50%の乱高下は頻繁に訪れます。

②仮想通貨の売買や証拠金取引は仕組みがとても複雑

初心者がよく理解しないままやると痛い目を見ます。

特に販売所では手数料が通貨によっては往復で10%以上かかる場合があります。

それを知らないといきなり多額のマイナスに驚くと思います。

また、証拠金取引はFXやCFDで慣れている人ならいいですが、よく理解しないままやるとロスカット(強制決済)になります。

レバレッジやロスカット、証拠金比率、スプレッドなど知らなければいけないことがたくさんあります。

まず仕組みはよく理解しましょう。

③儲けが出たら税金が発生する

仮想通貨は年間20万円以上儲けが出たら税金を払わないといけません。

確定申告が必要です。

証券口座は特定口座で源泉徴収ありにすれば、証券会社がやってくれますが、仮想通貨はすべて自分でやらないといけません。

最後に

個人的にSPUを0.5倍上げるために仮想通貨をやるのはおすすめしません。

そもそも、仮想通貨をやりたいならコインチェックやビットフライヤーなどの取引所を使った方がいいです。

それに、ポイントのために資産を失うリスクを負うことは正しいとは思いません。

それでもやりたい方はよく理解して勉強して挑みましょう。





(スポンサーリンク))

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA